即日でお金を借りる!今すぐ借りたいならキャッシングがおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは、お金を即日で借りる方法を紹介しています。

お金を即日で借りられるカードローンの商品紹介をはじめとして、カードローン以外の即日でお金を借りる方法や注意点等、とにかくお金を即日で借りたい人向けの情報です。

是非、参考にしてください。

お金を即日で借りたいならカードローンがおすすめ!

お金を即日で借りる為に、消費者金融のカードローンがおすすめできるポイントは3つあります。

1,消費者金融カードローンの利用者は多い
2,消費者金融カードローンは知人や家族に借りるより早い&トラブルが少ない
3,消費者金融カードローンは「30日間金利0円」で借りれる商品が多い

ここからは、詳しい理由を説明していきます。

1,消費者金融カードローンの利用者は多い

消費者金融に登録や利用をしている人数を具体的に確認してみましょう。

※登録者…消費者金融に登録している人数(カードを持っているだけも含まれます)
※利用者…消費者金融に登録している人数のうちに実際に借入れ等の利用をしている人数

上記グラフは<!a href=”http://www.jicc.co.jp/company/jicc-data/index.html” target=”_blank” rel=”noopener”>JICC(株式会社日本信用情報機構)の各種統計データです。
多少の減少傾向にありますが、ほぼ横ばいで消費者金融の登録者・利用者がいます。

日本人口を1億2千万人とすると人口の約13%~15%の人が消費者金融サービスに登録したことがあり、利用者は6~7人に1人の割合になります。
現在、利用中の人は約7%~9%、10~12人に1人の割合です。

減少している傾向として銀行カードローンの充実が挙げられますが、最近は銀行カードローンの過剰融資や審査の方法等問題が多く取り上げられ、銀行カードローンは不安定な状態にあります。
ですから、現状安定していて人気もあり利用者も多い消費者金融のカードローンの方が良いと言えます。

上記グラフは平成29年(2017年)3月までの情報ですから、また今後銀行カードローンの状態によっては消費者金融カードローンの利用者が増えていく傾向になるかもしれません。

2,消費者金融カードローンは知人や家族に借りるより早い&トラブルが少ない

知人や家族にお金を借りると、分かり合ってりる仲だから大丈夫!と書類のやりとりもせず、口約束で貸し借りをしてしまい、最終的にトラブルに発展してしまいます。
特に即日で急いでお金を借りてしまった場合は、書類等も用意する暇もなく貸し借りをしてしまいますね。

トラブルに発展してしまう例やトラブル回避方法を確認してみましょう。

トラブルに発展してしまう理由は「書類のやり取りがない」

そもそも、お金の貸し借りは「金銭消費貸借契約という法律行為」ですから、個人間の口約束で行うべきことではありません。

個人間でどうしてもお金の貸し借りを行いたい場合は必ず「金銭消費貸借契約書」を作成し、署名や捺印を行った上でやり取りを行いましょう。

金銭消費貸借契約書例

上記の金銭消費貸借契約書は一例で、このような書類を2通用意し両方に署名捺印、金銭のやり取りの金額が1万円以上であれば収入印紙も必要になります。

それから、保証人や連帯保証人を付けるのであれば、別途書類が必要になりますし捺印は認印でも問題ありませんが両者が必要だと感じるのであれば実印を使用し印鑑証明書を別紙としてつけ……
とその他、金銭消費貸借契約書には細かい決まりが多くあります。

つまり、個人間でお金を貸し借りする場合、書類のやりとりだけでも多くの時間と労力を使うことになります。ここまでして個人間でお金を貸し借りするメリットは少ないです。

個人間の金銭の貸し借りトラブル例

独自調査で各弁護士・市区町村の相談センター等にあった個人間の金銭の貸し借りのトラブルの内容をまとめました。

・個人間の金銭の貸し借り関するトラブルの相談は昔から継続的にある。
・相談する人ほど書類上のやり取りを行っていないケースが多く、解決に時間がかかる。
・口約束の場合、相談されても根拠や証拠がないので処理が困難。
・書類があったとしても不備があり無効になってしまうケースもある。
・結局「言った」「言わない」「借りた」「借りてない」の悪循環になる上、証拠がない。
・お金の話になるので当事者の2人のみで話している事が多く第三者の目がない。

「書類などの証拠がない」「他人の意見もない」
子供の言った、言わないの喧嘩のようになってしまい、簡単に解決できないトラブルになってしまいます。

また、弁護士などに相談してしまうと、今後の付き合いにも影響したり近所や会社での噂が広がり生活しにくい環境になってしまうこともあります。

つまり、個人同士だとお金の貸し借りはデメリットが多い。

金銭消費貸借契約書も作るのに時間をかけて、万が一のトラブルに備えて…
しかも、トラブルになった時には弁護士に相談して、弁護士費用をかけて裁判になったら裁判費用も…

時間もかかる上にお金もかかり、トラブルも多いというデメリットだらけです。

では、お金を借りたい時、どうしたらよいのか。

そこでおすすめできるのが「消費者金融のカードローン」になります。
個人間の貸し借りと比較しても明らかにメリットが多いです。

個人間の貸し借りと消費者金融のカードローンの特徴をまとめてみました。

個人間 消費者金融カードローン
・書類のやり取りが大変
・収入印紙や印鑑証明などお金がかかる
・書類が間違っていると無効になる可能性
・専門家に書類の作成を依頼すると有料
・返済不可の場合、生活しにくくなる
・借りるまで時間がかかる
・他人に借り入れの事実がバレる可能性がある
・書類は用意されているので読むだけ
・実印不要
・出費0円で借入ができる
・即日借入可能
・周りにバレる可能性が低い
・万が一の場合でも、法律の中でしっかりと解決できる

消費者金融のカードローンのほうがメリットが多く、利用もしやすい事がよくわかります。
また、最近は消費者金融のカードローンはサービスがよい点も注目されています。

・金利などの情報を明示
・ATM手数料0円
・急ぎのお客様への迅速な対応
・電話連絡や郵送物を簡略   など

利用者が安心して利用できるように各社工夫をしています。

個人間でお金を即日で借りることができたとしても、多くのトラブル・デメリットがあるので消費者金融のカードローンでお金を即日で借りたほうが良いと言えます。

3,消費者金融カードローンは「30日間金利0円」で借りれる商品が多い

人気の消費者金融カードローンのプロミスやアコムは30日間金利0円で借入ができ、しかもお金を即日で借りることができます。

プロミスの30日間金利0円の仕組み

プロミスを初めて利用する方を対象として、メールアドレスの登録とWeb明細利用で30日間無利息サービスの利用ができます。

無利息となる期間は初回の出金の翌日から30日間です。

利用例

・30日以内に追加融資がある場合
初回利用日翌日から30日間内であれば、追加利用分も無利息の対象です。

・30日以内に完済し、再度利用した場合
初回利用日翌日から30日以内であれば、完済後の再利用に関しても無利息の対象です。


アコムの30日間金利0円

アコムを初めて利用する方を対象として、返済期日「35日ごと」で契約された方が30日間無利息サービスの利用ができます。

無利息なとなる期間は「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間です。
借入日の翌日ではないので注意してください。

利用例

・30日以内に返済が終わった場合
30日以内に返済をすれば金利は0円です。

・30日後も継続して返済を設ける場合
無利期間後の残高に対して通常の金利(3.0%~18.0%)がかかります。

借入金額を20万円として、金利18.0%で借入した場合だと、通常なら2,958円の金利負担になりますが、無利息なら0円です。

30日間金利0円のサービスは消費者金融カードローンならではのサービスで、信販会社や銀行などのカードローンにはあまり用意されていないので、消費者金融のカードローンの利用がお得です。

プロミスもアコムも即日でお金を借りる事ができ、金利も30日間かからない大きなメリットがあります。


ここまでで、消費者金融がオススメできる理由3つを紹介しました。
再度おさらいをすると、

  1. 利用者が多い
  2. 知人や家族に借りるより早い&トラブルが少ない
  3. 「30日間金利0円」で借りれる商品が多い

これらのオススメポイントを最大限に活用でき、しかも即日でお金を借りられるカードローンをこれから紹介していきます。

即日でお金を借りられるカードローン一覧

プロミス

プロミス
金利 4.5%~17.8%
申込み方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・郵送
・来店
借入方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・チャージ(三井住友VISAプリペイド)
・店頭窓口
・ATM
返済方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニ
・銀行振込
限度額 500万円
提携ATM ・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行等
無利息期間 30日間無利息
その他 ・ローンカード不要スマホATM
・レディースキャッシング

プロミスは30日間の無利息サービスがあり、申込みから借り入れまでアプリで完了できます。

収入証明書類を提出することによって最高10万円分の選べるプレゼントが当たるキャンペーンや会員限定のサービスではレジャーやグルメなどが最大80%OFFにもなるなど嬉しい特典が豊富です。

また、人気のアプリローンではローンカードを持たなくても、スマホから借入れの手続きと同時に、全国のセブンイレブンにあるセブン銀行ATMで操作を行うことによって、お金を引き出す事ができます。

テレビCMも多く知名度も高いですし、女性からの支持も多くあるので安心して利用ができる大きなメリットがある上に、即日融資にも対応している優れた商品です。

アコム

アコム
金利 3.0%~18.0%
申込み方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・郵送
・来店
借入方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・店頭窓口
・ATM
返済方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・銀行振込
限度額 800万円
提携ATM ・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行等
無利息期間 最大30日間無利息
その他 ・友達紹介でQUOカードプレゼント

アコムは急いでいいる方にもしっかりと対応してくれるスピーディーなサービスが人気のポイントです。

キャンペーンや他にはない特徴のあるサービスはありませんが、知名度もありますしアコムATMの数も多いので、無駄な手数料をかけずに利用ができます。

アプリや公式サイトの情報の充実に加え、オペレーターの電話対応がよいことが口コミで知られています。

モビット

モビット
金利 3.0%~18.0%
申込み方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・郵送
・自動契約機
借入方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・ATM
返済方法 ・口座振替
・ATM
・銀行振込
限度額 800万円
提携ATM ・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行等
無利息期間 なし
その他 ・電話連絡なし
・郵送物なし

モビットの人気のポイントは「電話連絡」「郵送物」がないことです。
家族等に秘密で融資を受けたい場合に電話や郵送物があるとバレるきっかけになってしまいますが、モビットは回避する事ができますし、お金を即日で借りたい場合に時間の短縮につながります。

また、三井住友銀行のATM手数料が0円なので、無駄なお金をかけずに利用することもできるお得ポイントもあります。

2016年には日本顧客満足度顧客ランキング1位を獲得しているので、充実したサービスが受けられるカードローンであることがよくわかります。

新生銀行 レイク

新生銀行 レイク
金利 4.5%~18.0%
申込み方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・自動契約機
借入方法 ・振込
・ATM
返済方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・自動引落し
・銀行振込
・ATM
限度額 500万円
提携ATM ・イオン銀行
・ゆうちょ銀行
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行等
無利息期間 30日、180日選べる無利息
※各条件あり
その他 ・ATM手数料無料
・レディースキャッシング

レイクの無利息期間は30日間と180日間の2つのパターンがあり、いずれも初めての契約の方のみが利用できるサービスです。

30日間の場合…借入額全額が無利息です。
180日間の場合…契約金額が1~200万円の方で借入金額のうちの5万円までが無利息です。

他行へのネット振込手数料が月5回まで無料になったり、キャンペーンでは1,000円分のデジタルギフト(Amazonギフト券等)がプレゼントされるなどのお得に利用ができる商品です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利 2.0%~14.0%
申込み方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・郵送
・来店
借入方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・電話
・ATM
返済方法 ・WEB(スマホ・PC・ケータイ)
・引落し
・ATM
・銀行振込
限度額 800万円
提携ATM ・ゆうちょ銀行
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行等
無利息期間 なし
その他 ・レディースキャッシング(My Wing)
・キャッシュカード一体型カードローン

大手銀行のカードローンは大きな安心感があります。
消費者金融よりも金利が低く、限度額も多いので大きく活用したい方におすすめできる商品です。

また、みずほ銀行に口座をもちキャッシュカードが手元にある場合には、手続きだけで手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能をつけるだけなので面倒な郵送のやり取りもなく利用ができます。

住宅ローン利用での金利の引き下げなどの銀行ならではのサービスを受けることができる優れた商品です。

ひと目で分かる即日でお金を借りるカードローン

消費者金融

プロミス
※三井住友銀行グループ
金利 限度額 最短で 在籍確認
4.5%~18.0% 500万円 即日融資 あり
無利息期間 提携コンビニATM アプリ 女性専用
あり(30日間) セブン銀行・ローソン・E-net あり あり
アコム
※三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 限度額 最短で 在籍確認
3.0%~18.0% 800万円 即日融資 あり
無利息期間 提携コンビニATM アプリ 女性専用
あり(30日間) セブン銀行・ローソン・E-net あり あり
モビット
※三井住友銀行グループ
金利 限度額 最短で 在籍確認
3.0%~18.0% 800万円 即日融資 なし
無利息期間 提携コンビニATM アプリ 女性専用
なし セブン銀行・ローソン・E-net あり なし

銀行

新生銀行
レイク
金利 限度額 最短で 在籍確認
4.5%~17.8% 500万円 即日融資 あり
無利息期間 提携コンビニATM アプリ 女性専用
あり(30・180日間) セブン銀行・ローソン・E-net あり あり
みずほ銀行
カードローン
金利 限度額 最短で 在籍確認
2.0%~14.0% 800万円 即日融資 あり
無利息期間 提携コンビニATM アプリ 女性専用
なし セブン銀行・ローソン・E-net なし あり

即日でお金を借りる方法まとめ

急いでお金を借りる方法としてカードローンの他に以下の方法があります。それぞれ、詳しく解説していきます。

カードローン以外でお金を借りたいと考えている場合に参考にしてください。

友人からお金を借りる

親しい友人にお願いしてお金を貸してもらう方法です。
トラブルにもなりかねないので、ちゃんとした書類(金銭消費貸借契約書)等を取り交わす必要がありますが、友人同士ともなると、口約束になりがちなので注意してください。

また、「マイナビ」や「キララゼクシィ」が行った”友達との金銭の貸し借りに関するアンケート”では以下のような結果が出ています。

・友達との金銭のやり取りは肯定?否定?
⇒否定78%
・金額によってはお金を友人に貸せる?
⇒貸せる55%
・いくらまでなら友人にお金を貸せますか?
⇒1万円程度まで
⇒1,000円~5,000円程度まで
   ※同様の質問のアンケートがあり、上記2つの回答が最多でした。
・友人との金銭の貸し借りの経験はありますか?
⇒あり55%

友人とのお金の貸し借りに関しては、「いけない」という意識を持ちながらも、経験している人がほとんどです。
お金が帰ってこなかったパターンとして多いのがお酒での席や持ち合わせがなくて貸してあげたのに、返済がなく、自分から言い出せない人が多いです。

また、返済がちゃんとある場合は、貸した金額と一緒にちょっとしたお菓子やジュースなどで感謝の気持ちを伝えている人が多くいます。

貸す場合も、借りる場合も、しっかりと取り決めをし相手を見極めてお願いするようにしましょう。
それから、金額が大きくなる場合(おおよそ1万円以上)であれば借りない・貸さない方が無難かもしれません。

家族からお金を借りる

親や子供、兄弟にお金を借してもらう方法です。

友人の貸し借り以上にトラブルになりやすく、弁護士などへの相談も多いと言われています。
友人との貸し借り同様に書類(金銭消費貸借契約書)を取り交わす等がトラブルにならない解決策となりますが、「家族だから…」と友人以上に曖昧にしてしまう場合が多いです。

家族間の金銭トラブルも十分に注意したいのですが、贈与税に関わる注意ポイントもあります。

金銭の貸し借りであることを証明できない(税務署が認める事ができない)場合は、贈与とみなされ、贈与税が課せられます。※ただし、年間110万円を超えた部分についてのみ贈与税の課税。

以下に簡単に贈与税について説明していきます。

親族間の場合、利子の支払いは免除や返済の免除などをしている場合が多く、金銭賃借だと認められません。

金銭賃借と認められるには条件があります。

1,利息の支払い(無利息の場合は無利息であることを借用書に記載)
2,借りたお金の返済(返済された証拠として通帳の写し等も必要)
3,借用書の作成
4,返済能力に応じた借入

以上の4つがあることによって贈与ではなく金銭の貸し借りだと認められ贈与税がかからなくなります。

家族間のお金の貸し借りは、貸した・借りていないのトラブルだけではなく、贈与税のトラブルも視野に入れて行わないといけません。
貸し借りの際は必ず書類を作成し、銀行を通して(振込など)証拠が残る形で返済をしていくようにしましょう。

<予備知識>
贈与税は個人から年間110万円を超える財産を受け取った場合に、受け取った個人が負担する税金です。110万円は基礎控除金額なので贈与税はかかりません。
・課税価格=「年間(※1)で受け取った財産の合計金額」-「110万円」
・課税価格×金額に対しての税率(※2)=贈与税額※1 1月1日~12月31日までの1年間
※2 1,000万円以下の場合10% その他金額に関しては国税庁HPで確認してください。https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

公的機関でお金を借りる

公的な機関で条件を満たすことによってお金を借りる事ができます。

・生活福祉貸金貸付制度
・臨時特例つなぎ資金
・緊急小口資金
・ひとり親家庭医療費女性
・訓練、生活支援給付
・住宅手当
・生活保護 等

目的にあった資金を国から無担保または低金利で借り入れすることができます。
受付窓口は住まいの住所の社会福祉協議会がほとんどですから、お金を借りたい場合は一度相談してみることをおすすめします。

ただし、カードローンのように即日でお金を借りることは難しいかもしれません。
基本的にどの制度も審査があり融資までには数日間かかります。

ケース別で考える金融業者からお金を借りる方法

銀行から即日でお金借りる方法

銀行でも消費者金融のようにカードローンを用意しています。

大手銀行であるみずほ銀行や三井住友銀行、主婦層に人気のイオン銀行、ネットバンクの楽天銀行等の多くの銀行が無担保ローンであるカードローンを用意しています。

もちろん、即日融資の商品もあり、消費者金融の様に自動契約機や女性専用商品などもあるのでおすすめできます。

ここで一度銀行カードローンのメリットとデメリットについて紹介します。

銀行カードローンのメリット

・特定の商品の利用によって金利の引き下げがある。
銀行の住宅ローンや自動車ローンを利用している方がカードローンを申し込みすることによって、カードローンの金利が引き下げになる場合があります。

・貸金業法の影響を受けない。
貸金業法は賃金業者に適用される法律で、貸付上限金額の制限や融資金額(50万円を超える場合)によって所得証明書の提出が義務付けられていますが、銀行カードローンは賃金業者ではない為、上限金額や書類の提出に関しては銀行独自に決めることができます。

・自動融資機能がある。
消費者金融にはない機能が自動融資機能です。
公共料金やクレジットカードの支払いを自動引落にしている場合、口座に残高が不足していると引き落としがかかりません。
この残高不足を解消するために、銀行カードローンでは、不足した残高を自動で融資できるシステムがあります。
クレジットカード等の料金滞納を防ぎ、信用情報を傷つけずにいられる最大のメリットとも言えます。

・金利が低い、融資金額が大きい
近年は消費者金融も銀行も金利や融資金額に大きな差はほぼありませんが、多少は銀行の方が金利は低く、融資金額は大きくなります。

・”銀行だから”の安心感
銀行の商品であるという安心感があります。
お金を借りるということは不安を感じますから、銀行から借りたほうが返済に困ったときの対応で怖い思いをしなくても済む等、安心できそうと思えることができます。

銀行カードローンのデメリット

・口座開設が必要になる場合がある
商品によって異なりますが、口座開設を申し込みの条件としている場合があります。
返済は必ずその口座からなど指定されてしまうと通帳にカードローンの履歴がのこり、秘密で利用したい場合はバレないように通帳を管理するなどの手間が増えてしまいます。
また、口座開設には時間がかかってしまい、急いで融資を受けたい場合には不都合です。

・審査に時間が掛かる
銀行の審査は保証会社を通じての審査も行われるので、時間がかかることが多くなります。
銀行でも即日融資を行っているケースもありますが、融資に1時間以上は掛かることが多いです。

・無利息期間がない
大手消費者金融のほとんどが初めての申し込み者を対象とし、無利息期間を設けているサービスがあります。
銀行の商品で無利息期間があるのは、限られたごく一部だけになっています。

・サービスが少ない
人気のTポイントが貯まるサービスやQUOカード等のプレゼントが消費者金融にはありますが、銀行には楽しみながらお得に利用できるようなサービスを行っていることは少ないです。

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行のカードローンの審査は厳しいと言われています。

銀行のカードローンの審査通過率は30%前後です。
消費者金融のカードローンの審査通過率は40%~50%です。
審査通過率から見ても銀行のカードローンは審査が厳しいことがわかります。

審査が厳しくなる理由は保証会社に審査を委託しているからです。

銀行のカードローンを利用するのに必要な条件の一つとして、銀行の指定した保証会社の保証を受けられることが必須になります。
銀行の保証会社が申し込み者を保証するかどうかを決めるのに行われるのが審査になります。

保証会社の実態はアコムやアイフル、モビット、プロミス等の消費者金融になります。
『審査のゆるい消費者金融が保証会社なのであれば、銀行の審査も緩くてもいいはず…』と考えますが、保証会社である消費者金融には”代位弁済”の義務があります。

代位弁済は、借入した人が返済できなくなった場合に代わりに借金を返済する仕組みです。
つまり、銀行のカードローンを利用して契約者が返済ができなくなった場合、保証会社である消費者金融が銀行に借金の残高を支払いし、保証会社がカードローンの契約者に借金返済の催促をするようになります。

銀行カードローンは貸金業法の対象外になりますから、年収の3分の1以上の貸付を行う場合もあります。
すると、借金の金額は当然大きくなり保証会社にとっては万が一を考えるとリスクが大きくなります。

銀行から保証会社である消費者金融は保証料をもらっていますが、それを考えても、安易に審査を通過させてしまうことは保証会社である消費者金融にとってハイリスクローリターンであると言える為に銀行のカードローンの審査は厳しくなります。

[aside type=”warning”]

しかし、近年は銀行カードローンの利用者が銀行側の過度の貸付が原因として多重債務に陥る人が増えていることから社会問題になっています。

現在、銀行自体の商品を取り締まる法律や規制はかかっていませんが、先が不安定な商品でもあるので、同条件で借入ができるのであれば消費者金融のカードローンの方がおすすめできます。[/aside]

おすすめの銀行カードローン

未成年が即日でお金借りる方法

未成年者がお金を借りる場合、学生ローンがあります。

消費者金融や銀行のカードローンのほとんどが、20歳以上が申込み条件なので未成年者は利用できません。

学生ローンも未成年者は利用できない商品の方が多いです。
18歳以上からの利用が可能な商品は「アイシーローン」があります。申込条件は「首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方」で、手続きや相談によって、お金を即日で借りることも可能です。

ただ、未成年者の場合は両親や親戚を頼る方が無難です。
お金が必要な事情をしっかりと伝え、書類(金銭消費貸借契約書)を用意し借りましょう。

「アイシーローン」は優良企業で貸金業者として昭和56年から続いてきている歴史のある企業なので安心して利用ができますが、中には悪徳業者(闇金融業者)もいます。言葉匠に知識の浅い未成年者を騙し、違法な取引をしようとしてくるので、関わらないようにしてください。

未成年者が利用できる「奨学金制度」や「公益信託」「教育ローン」等は勉強のためであれば申込みができますから参考にしてみてください。

学生が即日でお金借りる方法

学生であっても20歳以上で、アルバイトなどで収入があれば、利用できるカードローンは多くあります。
もちろん、即日融資の商品を選び、手続きを行えば即日でお金を借りることもできるので安心してください。

即日融資を受ける場合、一番おすすめの方法はスマートフォン等からWEB申込みをして自動契約機などでローンカードを受け取る方法です。

銀行の商品だと新生銀行のレイクなどが自動契約機があり利用しやすいですが、プロミスやアコム、モビットの方が全国各地に自動契約機もありますしアプリも充実しているので申込みもしやすいです。

アプリ利用の場合は、カードレスでコンビニATMから直ぐにお金を引き出すことができるのでとても便利です。

学生は合コンやサークル等の活動でお金がかかってしまい、金欠になりやすいですよね。

両親には学費や生活費を面倒見てもらっているし、友人とのお金の貸し借りは気が引ける…なんて場合に、消費者金融のカードローンは活用しやすい商品です。

主婦が即日でお金借りる方法

主婦であってもパートやアルバイトをしていれば消費者金融の即日でお金を借りられるカードローンに申込みができます。
まだ子供が小さくて週3回のパートであっても、安定した収入が少しでもあれば申込みができ、年収は関係ないので安心してください。※一部年収制限のある商品もありますが、一般的ではないです。

アプリで申込みすることによって財布の中にローンカードを入れなくてもいいので、家族バレをふせぐ事ができますし、書類や電話連絡がない商品もあるので上手に活用してください。
また、商品や返済などについて不安があり、電話相談したい場合には女性専用ダイヤルにかけてみましょう。女性オペレーターが優しく対応してくれるので安心して相談ができます。

収入のない専業主婦の場合、銀行のカードローンを利用できる場合があります。
各銀行に問い合わせしてみてください。

消費者金融での融資を希望する場合には、配偶者の同意の上、配偶者貸付が可能です。大手の消費者金融では申込み受付を行っていませんが、中小規模のベルーナノーティスやエレガンスは申込み受付を行っているので相談してみてください。

フリーターが即日でお金を借りる方法

フリーターでも、安定した収入があることを証明できるのであれば、即日でお金を借りることのできるカードローンに申込みができるのでアルバイトでも申込み可能な商品を選んでください。

申込みの際にはフリーターという選択肢がない場合がほとんどなのでアルバイトを選び申込みしましょう。

フリーターが即日でお金借りる時の注意点

日雇いのアルバイトを転々と続けているケースや季節限定のアルバイトなどで生活費をまかなっている場合は「安定した収入」とみなされないこともあります。

融資希望額によっては、審査を考えてくれる場合もあるかもしれませんから、電話で相談してみてくださいね。

即日でお金を安心して借りる方法 小まとめ

即日でお金を借りたい=消費者金融カードローンの理由。

即日でお金を安心して借りたいのであれば、消費者金融のカードローンがおすすめできます。

消費者金融のカードローンが即日でお金を借りられる理由

・審査が早く、最短で1時間融資等があり充実している
・スピーディーな対応に慣れている
・自動契約機や無人契約機の充実
・アプリの充実によりローンカードの受け取りも省ける


安心してお金を借りたい=消費者金融カードローンの理由。

安心の理由として消費者金融のカードローンは「貸金業法」という法律で金利の制限や貸付金額の制限、返済に関しての制限や遅延した場合の督促方法までもが、法律でしっかりと取り決められています。

貸金業法によって消費者が守られる事

・借入金額は年収の3分の1までに制限されています。
⇒これにより借りすぎを防ぐ事ができます。
・専業主婦の貸付は配偶者の同意が必要。
⇒収入のない人が簡単に借入できないようになります。
・一定額以上の借入れの場合は年収の証明書の提出
⇒返済能力があるかを確認し、融資可能金額を決定する事ができる。
・個人の信用情報を登録が必須
⇒個人情報を登録することによって他の金融機関での総借入残高を確認し年収の3分の1をオーバーしないかを確認することができる。
・上限金利は20%以下に設定
⇒過剰な金利を請求される事がなくなりました。

上記の「即日」と「安心」を叶えてくれるのは消費者金融のカードローンだけです。

ちなみに、銀行の場合だと即日融資の商品も用意されていますが審査に時間が掛かるケースが多く、また貸金業者を対象としている法律が貸金業法であって、銀行の場合は銀行法の中で運営されています。

銀行法には無担保ローン等に関する明確な法律が設定されていないので、ある意味無法地帯となってます。

法律で守られている中で安心して借入れを希望するのであれば、やはり消費者金融のカードローンといえるでしょう。

即日でお金を借りる時によくある質問

家族に内緒で即日でお金を借りれるか?

家族に内緒で即日でお金は借入できます。
申込み方法を工夫し、書類やローンカードの受け取りを内緒にすることによって、家族に知られずにお金を借りる事ができます。

銀行の商品もおすすめできますが、モビットのカードローンが郵送物なし&電話連絡なしで申込みから融資まで即日でできる安心の商品です!
もちろん、利用もネットとメールだけなので、継続して内緒でお金を借りるのに安心できます。

ただし、返済の延滞によって返済の確認の電話や郵送物があります。
返済を遅らせないようにすることで、回避できますし、万が一返済が難しい場合は自分から連絡をして返済について相談してください。

在籍確認なしで即日でお金を借りれる?

在籍確認なしで借りる事ができます。
モビットは電話連絡なしでお金を借りられる商品なので、モビットの利用をおすすめします。
在籍確認の手間がないので即日で急いでお金を借りたい場合にも最です。

また、土日の審査も受付している場合、会社が休みで在籍確認ができなくても融資してくれる商品もありますし、給料明細書や社員証、健康保険証などの書類によって会社に勤務している事が確実にわかれば、お金は借りられます。

即日でお金を借りる時の審査は通常時と変化ある?

依頼することによって、審査時間を短縮してもらうことができる商品があります。
審査項目の変化はなく、通常どうりの審査を行います。

審査時間を短縮したい場合は、申込み前や申込み後に急いで利用したい旨やお金を即日で借りたい旨を電話連絡してください。
アイフルでは「ご融資をお急ぎの方」という項目で、急いでお金を借りたい方向けの手続きの方法を公式サイトでしっかりと紹介していますから、アイフルでの申込みがおすすめできます。

無職が即日でお金借りる方法はある?

無職の方がお金を即日で借りる方法は基本的にありません
消費者金融の商品は安定した収入のある人のみが申込みできる商品です。

ただし、既婚者で無職の場合は、配偶者の年収の3分の1までお金を借りる方法があり、その商品は一部の銀行での取り扱いになります。
また、配偶者貸付と呼ばれる商品であれば配偶者の同意書や婚姻を確認できる書類の提出で一部の消費者金融での取り扱いがあり利用ができます。

いずれにせよ、無職の場合は返済のことも考えると、配偶者に同意を得るか、お金を借りる事はしないほうが無難です。

金融事故を起こしているようなブラックでも即日でお金を借りれる?

金融事故を起こして約10年経過している場合に即日でお金を借りれる場合があります。

また、大企業であるアコムやプロミス、モビット、アイフルは金融事故がある場合は審査が通りにくいとされていますが、中小規模の消費者金融の場合は審査に可決できる可能性が少しあるので、申込みをしてみるのも方法です。

金融事故を起こし、破産の手続き中や生活保護を受けている最中は金融商品の申込みは御法度です。この間にどうしても即日でお金を借りたい場合は、公的資金で補うことができますから、必ず弁護士などに相談してお金を借りるようにしましょう。

即日でお金を借りれるか不安な方へ

即日でお金を借りられるかをチェックしてみてください。
以下の条件に当てはまるのであれば、即日でお金を借りられる可能性があります。

・1年以上同じ会社に勤めている
・安定した収入がある
・20歳以上である
・金融事故を起こしたことがない
・申込みする商品の利用者条件をクリアしている(年齢や住居 等)
・即日でお金を借りるための書類を指定の時間までに用意、提出できる

すべての条件を満たし、即日で借りたいお金は少額(30~50万円以下程度)だと審査に通りやすくなり、即日でお金を借りられる事が多くなります。

また、審査に通れるかどうか、不安がある場合は自分の信用情報を確認してみてください。

信用情報機関の照会方法

そもそも信用情報機関とは、カードローンの審査などの金融商品の返済能力が申込者にあるかどうかを確認するための審査を行うときに使われる機関で個人の信用情報を管理しています。

国内には3つの信用情報機関があり、どれも自分の信用情報を照会する事ができます。

信用情報機関名 加盟会社
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、携帯電話会社 等
全国銀行個人信用情報センター(KSC)  全国の銀行
株式会社日本信用情報機構(JICC)  消費者金融、携帯電話会社 等

審査に不安がある場合は全ての信用情報機関の情報を開示して貰うことによって審査に落ちてしまう理由も発見しやすくなります。

信用情報機関名 開示方法
株式会社シー・アイ・シー(CIC) パソコン、スマートフォン、郵送、窓口
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 郵送
株式会社日本信用情報機構(JICC) スマートフォン、郵送、窓口

開示方法は各信用情報機関で異なります。

CICの開示方法

パソコン・スマートフォンで開示する場合

1,手続き前の確認事項を公式サイトにて確認します。
確認事項は、インターネット利用環境、指定のクレジットカード等
2,受付番号を取得します。
取得にはクレジット契約で利用した電話番号から電話をかけます。
3,取得した受付番号の入力をします。
取得後1時間以内に行わない場合は再度取得する必要があります。
4,開示報告書の表示を行います。
パスワードを入力し、開くと閲覧することができます。

※利用手数料が1,000円かかりクレジットカード決済(1回払い)での支払いのみの対応です。
※サービス利用時間は8:00~21:45ですが年末年始も利用ができます。

パソコン、スマートフォン以外の開示方法は郵送と窓口での開示になります。
詳しい手続き方法はCICの公式サイトにて確認してください。

KSCの開示方法

KSCが行っている信用情報の開示手続きは必要書類をKSCに送付する郵送のみでの手続きです。
必要書類は以下になります。

・開示請求申込書
公式サイトでダウンロードできます。
またコンビニのマルチコピー機で印刷も可能です。
・手数料
ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円
・本人確認書類 2種類
運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、住民票 等

送付先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター

その他、詳しい情報はKSC公式サイトで確認してください。

JICCの開示方法

スマートフォンから開示する場合

1,専用サイトにアクセスし、アプリをダウンロードします。
URL:<!a href=”https://www.netkaiji.jicc.co.jp/consumer/top.do” target=”_blank” rel=”noopener”>https://www.netkaiji.jicc.co.jp/consumer/top.do
2,利用規約に同意し、空メール送信します。
「info@netkaiji.jicc.co.jp」からのURL付メールが届くよう設定
3,申込内容の入力と本人確認書類の画像送付
運転免許証等の本人確認書類の用意が必要になります
4,決済手続きメールにて決済を行う
5,後日、開示結果が自宅へ郵送されてきます。

※手数料は1,000円です。
※決済方法はクレジットカード、コンビニ、ATM、オンラインバンク等があります。

スマートフォンの開示手続き以外に、郵送、窓口での手続きが可能です。
詳しい情報はJICCの公式サイトで確認してください。

自分の過去の信用情報を確認すると自分が審査に落ちそうな理由に対し先に行動ができるので、不安のある方は試してみてください。

まとめ:お金を即日で借りるならカードローンがおすすめ

お金を即日で借りるなら、消費者金融のカードローンがおすすめできる理由

・トラブルが発生する事がほとんどない
・大手消費者金融なら認知度も高く信頼がある
・金利や貸付限度額等が法律で制限されているので安心
・即日融資に対応している
・30日間無金利などのサービスの充実

消費者金融のカードローンは即日でお金を融資する手続きにも慣れていますから、安心しておまかせもできます。

急いでいる時にこそ、ちゃんとした会社の商品を利用することによって、あとからトラブルにも巻き込まれることなく即日でお金を借りる事ができるので、是非活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。