審査前必見!3分で分かるオリックス銀行カードローンの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス銀行は有名ですが、街なかで店舗を見ることはありません。

実は、オリックス銀行は実店舗を持っていないのです。

経費を抑え、顧客に返すという無店舗型のビジネスモデルで他の銀行と差別化をしています。

申し込み前にオリックス銀行カードローンの要点をまとめます。

オリックス銀行カードローンとはどんなカードローン?

オリックス銀行カードローンの貸し付け条件

オリックス銀行カードローンは金利が実質年率1.7%~17.8%、限度額が最高800万円のカードローンです。

申し込めるのは満20歳以上69歳未満で、原則として毎月安定した収入がある方です。専業主婦や主夫、学生の方は申し込みができません。

保証会社はオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社になります。借入額は1,000円以上で1,000円単位です。

数千円だけ借りたいという時もありますから、便利ですね。借り方は、指定の口座へ振込み、あるいは提携ATMから引き出して借りることになります。

申し込み方法

申し込みはパソコン、スマホ、携帯電話で24時間いつでも申し込みができます。

実店舗がないので店舗窓口や自動契約機などでの申し込みはできません。

おまとめや借りかえでの申し込みも可能です。

カードローンの申し込みの際に提出できる本人確認書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カードなどです。

利用限度額が50万円を超える場合は所得証明書類も提出する必要があります。

審査の結果によっては、それ以下の金額でも所得証明書類の提出を求められることがあります。

返済方法

返済方法は口座引落、ATM返済、振込返済の中から都合の良いものを選択できます。

口座引落を選んだ場合には、毎月10日あるいは末日に登録口座から返済額が自動的に引き落とされます。

登録口座として利用できるのは、オリックス銀行、楽天銀行、セブン銀行、イオン銀行等のネット系銀行、ゆうちょ銀行、外資系銀行、農林中央金庫、商工中金などです。

ATM返済の場合は、コンビニやス―パー、都市銀行、地方銀行などの提携ATMを利用できます。手数料は無料です。

振込返済の場合は、顧客ごとに用意されている返済専用口座へ振込みで返済します。また、どの返済方法を選んでも、約定日以外の随時返済も可能です。

口座引落で返済している場合は、毎月の約定日に一括または増額で随時返済ができます。

オリックス銀行カードローンをおすすめできる3つの理由

口座開設不要、web完結で借りれる

オリックス銀行カードローンは、同行に口座がなくても借り入れができます。

カードローンの申し込みの際に口座開設する必要がないので、口座がない人でもスムーズに借り入れができます。

また、実店舗がないため、申し込みから契約までインターネットで完了するので、自宅や出先などでパソコンやスマホ、携帯電話からいつでも申し込みをしてお金を借りることができます。

本人確認書類などもデジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能、スキャナなどで画像ファイル準備してアップロードするだけなので簡単に提出できます。

契約手続きが完了したら、メンバーズナビにログインして、振込融資の手続きをすれば、指定の口座にお金が振り込まれます。

あるいはカードが送られてきてからATMで借り入れができます。

提携ATMが全国各所にあって借りやすい

ATMでの借り入れを希望する方は、ATMが利用しやすい場所にあるかどうかがポイントになりますね。

オリックス銀行には提携ATMが全国に95,000台以上あるので、お近くのATMで便利に借り入れができます。

提携ATMはセブン銀行やEネット(ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキなど)、ローソン、イオン銀行のです。

また、金融機関のATMも利用でき、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行の西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行などのATMからも借り入れができます。

1,000円単位で借りれるのも魅力です。利用手数料は借入時も返済時も無料です。

返済額は月々7,000円から

オリックス銀行カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング方式で、残高に応じた額を毎月返済していきます。

たとえば、限度額が300万円以下で残高が30万円以下であれば、返済額は7,000円です。30万円残高があると返済は最低でも1万円というところが多いので、7,000円で済むのは助かりますね。

もちろん、最低金額だけ返済しているとなかなか完済できないので、余裕があるときには少し多めに返済しておくと、利息負担を減らせます。

オリックス銀行カードローンの審査内容と流れ

オリックス銀行カードローンの審査内容

申し込みの際に入力する情報が仮審査の対象になります。

入力するのは名前や住所、生年月日など本人に関する情報の他に、家族構成、子どもの人数、居住形態、居住年数、家賃の金額あるいは住宅ローンの月々の返済額、勤務先、所属部署、勤務先住所、電話番号、従業員数、勤続年数、年収、収入形態、職業、役職、職種、出向・派遣の有無などです。

勤務先は規模が大きく、勤続年数も長い方が有利ですが、年収に対して住宅ローンや家賃の負担額の割合が高くなっていると、審査には不利になります。

一般的には年収に対する住宅ローンの割合は、2割~2.5割とされているので、その範疇であれば、問題ないでしょう。ただし、住宅ローンに加えて無担保ローンの借入残高がある場合は、その分も審査されます。審査の過程で、信用情報機関への個人信用情報の照会がありますが、この時に、他社借り入れ件数や借入残高の確認などが行われます。

一般に、銀行カードローンでは他社借り入れが4件以上あると審査に通るのは難しくなります。

また、年収が少なく扶養する子どもや家族の人数が多い場合も経済的な負担が多いということで、審査に通らない可能性があります。

6ヶ月以内に繰り返し申し込むのもNGです。

審査の流れ

オリックス銀行カードローンにネットで申し込みをすると、Eメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送られてくるので、URLをクリックして受信確認を行ないます。

その後審査が始まり審査結果が登録のEメールアドレスに送られてきます。

この後、在籍確認が行われ、連絡先として指定した電話番号に本人確認の電話がかかってきます。

この時に申込内容確認も行われます。その後、ローンカードが発行され郵送されます。

また、Eメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてくるので、必要書類のアップロードを行います。

必要書類が確認されて契約手続きが完了すると、ローンカードで借り入れができるようになります。

オリックス銀行カードローンの金利は?

オリックス銀行カードローンの金利

金利は実質年率年1.7%~17.8%です。

最高金利は17.8%と消費者金融の18.0%に近い金利ですが、最低金利は1.7%とかなり低くなっています。

属性がよく、高い限度額が適用される可能性のある方、おまとめローンとして利用したい方には、有利なカードローンです。適用金利は限度額によって異なります。

たとえば、限度額が100万円未満なら金利は年12.0%~17.8%、100万円以上150万円以下なら年6.0%~14.8%、150万円超300万円以下は年5.0%~12.8%です。700万円超800万円以下は年1.7%~4.8%という最も低い金利で利息負担を軽減して借りることができます。

たとえば10万円を金利年1.7%で、30日間借りたとしたら、利息は10万円×1.7%÷365日×30日間 = 139円です。

他の銀行カードローンとの比較

100万円以上150万円以下の限度額の場合、オリックス銀行カードローンでの金利は年6.0%~14.8%です。

三井住友銀行は100万円超200万円以下は年10.0%~12.0%、みずほ銀行は100万円以上200万円未満が年12.0%、100万円超200万円以下が年10.6%~13.6%です。

最低金利はオリックス銀行カードローンが最も低いですが、最高金利は最も高くなっています。結果最低金利が適用されるのか最高金利が適用されるのかは、審査を受けて見ないと分かりません。

ですから、年収や職業、勤続年数、他社借り入れの面で不安がある方は慎重に検討したうえで申し込んでくださいね。

安い金利で借りる方法

金利が安いのは限度額が高く設定された場合ですが、審査の結果なので必ずしもこちらの思惑通りにはいきません。

ただ、増額をすれば金利が低くなるので、半年~1年利用した後で、限度額の増額を申し込むこともできます。1回も返済の遅延が無く、利用状況も良好と判断されれば増額審査に通る可能性があります。

希望する場合は、オリックス銀行のカードデスクに電話で問い合わせてください。

オリックス銀行カードローンの在籍確認について

オリックス銀行カードローンでは在籍確認があるか?

オリックス銀行の公式サイトを見ると、カードローンの申し込みをすると、勤務先への在籍確認が行われ、

その後、自分が連絡先として指定した電話番号に、本人確認と申し込み内容の確認の電話があります。多くの銀行は、本人確認の電話が先ですが、オリックス銀行カードローンの場合は、在籍確認が先のようです。

電話がかかってきた時点で、審査には通っているということですね。本人確認の電話のやり取りで問題がなければ、ローンカードが発行されて契約手続きに進めます。

オリックス銀行には書類による在籍確認など、電話に替わる在籍確認の方法はないようなので、勤務先への電話は必ずあると思ってください。

在籍確認の方法

オリックス銀行カードローンに申し込みをすると、メールが届きその後、しばらくすると職場に電話がかかってきます。

電話は銀行名は出さず、個人名で行われます。在籍確認が済むと、連絡先として指定した電話番号に、仮審査結果についての電話をかけてもいいかどうか確認されます。

仕事中で席をはずせず、対応できない場合は、都合のいい時間を伝えることができます。問題がなければすぐに電話をかけてもらいます。

氏名や生年月日を聞かれることもあり、審査結果について、また必要堡書類の提出方法についての説明があります。説明はごく簡単で数分で終わります。

電話が終わると書類提出に関するメールが届くので指示に従って手続きをしてください。

在籍確認について知りたい場合

多くの銀行カードローンでは最初に本人確認の電話があり、在籍確認の電話について説明されるので、その時に在籍確認について不安なことがあれば聞くことができます。

オリックス銀行カードローンの場合は、在籍確認が先なので、それができません。

それで、在籍確認も含めてカードローンについて知りたい場合は、オリックス銀行のカードデスクに電話して聞いてください。

カードデスクは9:00~18:00まで利用できます。土日祝と年末は利用できません。

在籍確認が取れないと借り入れができないので、確認が取りづらい職場にいるなど特別な事情がある方は事前に相談されるのがいいと思いますよ。

オリックス銀行カードローンで即日融資する方法

オリックス銀行カードローンでは即日融資はあるか?

急な出費の時に、すぐにお金を借りれるのは嬉しいですが、オリックス銀行カードローンでは即日融資は可能でしょうか?

申し込みから借り入れまでの流れを見てみると、契約後に振り込み融資の手続きをすると、指定の口座にお金が振り込まれることになっています。

ただ、オリックス銀行の公式サイトを見ると、「最短即日審査」となっています。ですから、必ずしも即日で融資が実行されるわけではないようです。

それでも、午前中の早い時間に申し込んで審査がスムーズにいけば即日融資も可能かもしれません。

心配な方は「最短即日融資」としている業者を選んだ方がいいかもしれませんね。

ジャパンネット銀行に口座があれば即日融資が可能

すでに利用を開始している方なら、パソコンや携帯電話、スマホ、電話で振込融資の手続きをすれば、即日融資を受けられます。

ネットで申し込む場合には「メンバーズナビ」にログインして手続きをします。

指定口座がジャパンネット銀行の口座なら、平日土・日・祝日にかかわらず、0:10~23:50までの間なら即時振り込みが可能です。

それ以外の金融機関の場合は、0:10~15:00までの申し込みなら即日融資が可能です。15:00を過ぎると翌営業日9:00以降の振込みになります。

また、土・日・祝日は0:10~23:50まで申し込み可能で、振込みは翌営業日9:00~10:00です。

即日融資を受けるときの注意

融資の時間は、指定口座がジャパンネット銀行以外の金融機関である場合は15時前に手続きをしないと即日で借りれないので注意してください。

また、月初めや月末、休日明けなど、回線が込んでいる時も着金が遅れることもあるので、借入のタイミングも考えてくださいね。

また、即日融資は便利ですが、ついつい借り過ぎてしまうというデメリットもあります。

十分返済シミュレーションをしてから計画的に借りるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。