審査前必見!3分で分かる新生銀行カードローンレイクの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新生銀行のカードローンはレイクという名称で有名です。

お金を借りる時には低金利で安心感のあるカードローンとなります。

新生銀行のカードローンでお金を借りる前に知っておくべき要点についてまとめました。

新生銀行カードローンレイクはどんなカードローン?

新生銀行カードローン「レイク」について

新生銀行のカードローンはレイクです。

レイクはもともとは消費者金融でした。

消費者金融のノウハウを生かしているので、他の銀行カードローンよりもサービスが充実しています。来店無しで申し込みから契約までできますし、振込みによる即日融資も可能です。自分に収入がない専業主婦も借り入れができます。

また、銀行では珍しく無利息期間がついているカードローンです。

契約後の借り入れは、レイクATMや提携コンビニのATMで手数料無料で借り入れができます。

申し込み条件と申し込み方法

レイクに申し込めるのは、満20歳から満70歳までの安定した収入がある方です。収入が年金のみの方も申し込み可能です。

また、主婦や主夫の方も配偶者に安定した収入があれば申し込めます。

パートやアルバイト、派遣社員の方借り入れが可能ですが、派遣社員の場合は、勤務先と勤務状況が安定していれば、借りれる可能性があります。

短期派遣や登録のみの場合は申し込めないことがあります。また、安定した収入があれば自営業の方も学生さんも申し込めます。

申し込み方法は、パソコン、スマホ、レイク公式アプリ、携帯電話、自動契約機、電話です。どの方法でも24時間いつでも申し込みができます。

ただし、自動契約機の場合は、店舗によっては時間の制限があるところがあります。

オペレーターと話しながら申し込みがしたい場合には、電話か自動契約機がいいでしょう。

返済方法

返済方法はweb、レイクATM、自動引き落とし、提携ATM、銀行振り込みになります。

webや提携ATMなら深夜でも返済が可能です。ATMに並ぶのが面倒という方ならweb返済が便利です。

また、会社や自宅の近くに提携コンビニがあれば、仕事で遅くなった日でも、便利に返済ができます。さらに、web、レイクATM、銀行振り込みなら一括払いもできます。

銀行振り込み以外の方法なら手数料も無料です。

新生銀行カードローンをおすすめできる3つの理由

選べる2つの無利息期間

レイクは無利息期間があるカードローンです。

銀行の商品としては珍しいですね。

少しでも返済負担を減らしたいという方におススメです。

無利息期間は30日間と5万円まで180日間の2種類です。初めてレイクに申し込む方が利用できるサービスです。

30日間の無利息サービスは、契約額が1万円~500万円までの方、5万円まで180日間は契約額が1万円~200万円までの方が申し込めます。

金利は、契約額が1万円~500万円なら4.5%~18.0%1万円~200万円までなら12.0%~18.0%です。

どちらにしたらお得かは、利用金額と返済回数によって異なります。レイクの公式サイトにシミュレーションできる機能があるので試してみてください。

なお、無利息期間は契約日の翌日から始まります。

ですから、借り入れが遅くなると無利息期間も短くなるので気を付けてくださいね。

無利息期間中にも返済日が来ますので、その時にも返済が必要です。

忘れずに返済してくださいね。返済されたお金は元金に充当されます。

ATM手数料が無料

借入も返済もATMでしたいという方もいると思います。

でも、ATMで毎回手数料がかかってしまうと、かなりの費用になりますよね。レイクならレイクATMだけでなく提携コンビのATMを利用した時でも手数料がかかりません。

どこのATMも費用の心配をしないで利用できるのは嬉しいですね。

公式アプリ「新生銀行L」で申し込みができる

カードローンの申し込みの際には、本人確認書類などの書類を提出する必要がありますが、ファックスやメールで送るのはちょっと面倒ですね。

レイクなら公式アプリがあるので、申し込みから書類の提出、契約までスムーズにできます。契約後はいつでもどこでも簡単にログインできます。

新生銀行Lアプリを使えば、レイク店舗・ATMの検索、借入れ・返済、利用限度額がどこまでアップできるかの確認など、レイクのいろいろなスマートフォン向けサービスを利用できます。

忙しい方にはうれしいサービスすね。

新生銀行カードローンの審査内容と流れ

レイクの仮審査の内容

レイクでお金を借りたい場合は、申し込み画面に、自分自身に関する情報を入力していきますが、入力された情報が仮審査の対象になります。

入力する情報は、性別、既婚か独身か、居住形態、居住年数、家賃または住宅ローンの金額、同居人の人数 固定電話番号、借り入れに関して家族が承知しているか、勤務形態、勤務先、勤務先の従業員数、業種、職種、勤続年数、給料日、月収、年収、運転免許証の発行の有無、住宅ローン以外の他社借り入れ件数と、借入残高の総額などです。

一般に独身の場合は、一人暮らしよりは親と同居のほうが審査には有利になります。親の持ち家に住んでいればさらに有利ですね。

結婚している場合、扶養家族は少ない方がポイントは良くなります。

規模の大きな企業に勤務していて、年収や月収が高ければ審査には有利ですが、年収に対する他社借入残高の割合が多いと判断されれば、審査には不利になります。

本審査の流れ

レイクの仮審査の結果は、パソコンや携帯電話の「審査結果画面」から確認できます。仮審査に通ったら本審査が始まりますが、その際に本人確認書類をアプリ、メール、ファックスのいずれかの方法で送付します。

本人確認書類として使用できるのは、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどです。限度額によっては源泉徴収票や所得証明書のような収入証明書も必要になります。

書類の提出に前後して在籍確認が行われます。また、内容確認のために自分が連絡先として指定した電話番号に電話がかかってくることもあります。

確認が取れれば契約手続きになりますが、手続きはインターネットで行うと、指定の口座にお金が振り込まれます。

インターネットで契約する時に「カードレス」を選択すれば、カードは発行されず、インターネットバンキングを利用して借り入れの申し込みができるようになります。

カード発行を希望する場合は、後日自宅にカードが郵送されてきます。カードは必要だけど、自宅に郵送されてくるのは困るという方なら、自動契約機で手続きをするとその場でカードが発行されて、すぐにATMで借入ができます。

新生銀行カードローンの金利は?

新生銀行カードローンレイクの金利について

レイクの金利は実質年率4.5~18.0%です。銀行のカードローンの割には、最高金利が高いと感じられることでしょう。

他行なら最高金利は高くても14%台だからです。

一般に審査の厳しさに応じて金利が変わります。

レイクでは、正社員以外にも、自営業、年金収入のみの方、主婦、主夫、派遣社員、パート、アルバイトの方も申し込め、年齢も70歳までと申し込める層が幅広くなっています。

それで、いろいろな属性の人に貸し付けをするため、貸し倒れのリスクも高く金利は高めになっています。

残高によって金利が変わる

レイクは、借入残高によって金利が変わります。

契約限度額が200万円以下の場合、残高が1~100万円未満なら金利は年15.0%~18.0%、100万円以上200万円以下なら年12.0%~15.0%です。

契約限度額が200万円超の場合、200万1円~300万が年9.0%~15.0%、300万1円~400万円が年7.0%です。400万1円~500万円なら年4.5%になります。

このように借入残高によって金利が決まるわけですが、契約限度額が200万円以内の場合は、一度でも借入れ残高が100万円以上になると、その後返済して残高が100万円未満となったとしても金利は変更されません。

レイクから低い金利で借りる方法

レイクには30日間無利息と、180日間5万円まで無利息の2つの無利息サービスがあります。

これは、初めてレイクを申し込む方が利用できるサービスです。無利息期間を利用すれば、金利0%、利息負担0円でお金を借りることができます。

例えば、給料日直前に5万円借りたとしても給料が入ってから30日以内に完済すれば、利息は発生しません。

また、10万円借りて30日以内に6万円返済したとすれば、利息がかかるのは残りの4万円に対してのみです。かなりお得に借りられますね。

ただし、無利息期間が終わると、4.5~18.0%という通常の金利が適用されるので、繰り返し借りる場合には、他行よりも利息負担が多くなる場合があるので注意してくださいね。

新生銀行カードローンの在籍確認について

新生銀行カードローンの在籍確認について

レイクはもともとは消費者金融だったので、そのノウハウを生かし、銀行カードローンの中ではサービスが充実しており、借りやすくなっています。

ただ、他行のカードローンと同様、レイクにも在籍確認はります。

在籍確認の電話は銀行名は出さずに個人名で行います。ですから、同僚や上司が電話に出たとしても、レイクに申し込んだことはわかりません。

ただ、職場に個人名で電話がかかってくるのは不都合という方もいることでしょう。

その場合は、申し込みの際に、「在籍確認では新生銀行の名前を名乗ってほしい」前もってお願いしておけば、「新生銀行の○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」という感じで電話してくれます。

在籍確認なしで借入は可能?

消費者金融の中には、電話での在籍確認の代わりに書類での在籍確認に応じてくれる場合がありますが、レイクでは基本的に電話での在籍確認のみとなっています。

レイクの公式ホームページで在籍確認について確認すると「審査の際にご自宅やお勤め先へ確認のご連絡をさせていただく場合がございます。」となっています。

ですから、在籍確認をしない場合もあるようですが、これはあくまでもレイク側の判断です。こちらから、電話による在籍確認を免除してもらうことは難しいです。

ただ、午前中は電話に出られるスタッフがいないとか、社員のプライバシーを守るために個人名で要件を言わずに掛けてくる電話は受け付けないとしている会社もあるでしょう。

そのような事情がある場合には、あらかじめレイクに相談してみてくださいね。

在籍確認が取れない場合は?

レイクでは、土日でも申し込みが可能ですが、勤務先が土日は休みである場合は、在籍確認が取れず、審査が進まないので即日融資を受けることができません。

休日明けに在籍確認が取れた時点で契約手続きをしてお金を借りれるようになります。

消費者金融の中には、在籍確認が取れなくても、限度額を低くしたうえで、自動契約機でカードを受け取りお金を借りれるところもあります。

その場合は、在籍確認が取れた時点で限度額が増額されます。レイクではそのようなサービスはないようです。

ただ、納得してもらえるような事情があれば、在籍確認に関して相談は可能なので、レイクからの借り入れを考えている方は、電話して担当者に聞いてみてくださいね。

新生銀行カードローンで即日融資する方法

新生銀行カードローンレイクで即日融資を受けるには

新生銀行のレイクは24時間365日、いつでもネットから申し込みができ、即日融資も可能なカードローンです。

銀行カードローンの場合、即日融資を謳っていても実際には融資実行までに2~3日かかってしまうこともあります。

レイクは銀行の中でも即日融資が可能な数少ないカードローンの1つです。

即日融資をうけるための注意

即日で借入したい場合は、レイク側の必要書類の確認が14時までに終わる必要があります。

その時間を過ぎてしまうと振込みは翌営業日以降になります。

ですから、即日融資を受けたい場合は、前の日の夜か当日の朝に申し込んでおくと安心です。

また、契約には本人確認書類と収入証明書が必要ですが、書類に不備があると審査に時間がかかって即日借り入れができないことがあります。

また、申し込みフォームへの入力ミス、故意に事実と違う情報を申告した場合も即日融資を受けることが困難になります。入力時は慌てずに正確な情報を申告しましょう。

即日融資を受けるための契約方法

即日油脂を受けるための1つの方法はネットで契約手続きをすることです。

必要書類の提出は専用アプリやメールでできるので手間がかかりません。

14時までに契約手続きが完了すれば、当日中にお金が指定の口座に振り込まれます。

新生銀行以外の口座でも問題ありません。即日融資を受けるもう1つの方法は、自動契約機で契約する方法です。

自動契約機では申し込みからカード発行まで、最短50分で完了します。

自動契約機での申し込み時間は、平日と土曜日が8時~24時まで、日曜日・祝日が8時~22時までです。

ただし、即日融資を受けるためには、なるべく早い時間に自動契約機まで行って申し込んでください。

その際、本人確認書類と必要に応じて収入証明書を持参するのを忘れないでくださいね。

自動契約機なら、オペレーターと相談しながら申し込めるというメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。