審査前必見!3分で分かる三井住友銀行カードローンの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友銀行のカードローンってあまり聞かない言葉かもしれませんが、実はUFJ銀行のカードローンなんです。

三井住友銀行といえば超大手のメガバンク。

お金を借りる時には低金利で安心感のあるカードローンとなります。

三井住友銀行のカードローンでお金を借りる前に知っておくべき要点についてまとめました。

三井住友銀行カードローンとはどんなカードローン?

三井住友銀行カードローンの貸し付け条件

三井住友銀行のカードローンは金利が実質年率4.0%~14.0%、最高極度額が800万円のカードローンです。

三井住友銀行に口座がない方でも申し込みができます。申し込めるのは、満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入がある方です。

保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

申し込み方法

銀行カードローンの申し込み方法はパソコンやスマホ、インターネットバンキング、ローン契約機、電話、郵送、店舗窓口といろいろあります。

ご自分の都合に合わせて選択できます。パソコンやスマホ、インターネットバンキングで申し込む場合、三井住友銀行に預金口座があるなら、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を付帯するか、新たにローンカード専用カードを発行してもらうかどちらかを選べます。

キャッシングカードにカードローン機能をつける場合は、手続きが終わるとすぐにキャッシュカードで借り入れができるようになるので、とても便利です。

また、ローン契約機で申し込み、契約手続きをすれば、その場ですぐにローンカードを受け取ることができます。

自宅にローンカードが送られてくるのは都合が悪いという方にはうれしいサービスです。

返済方法

返済方法はATM、振込み、口座振替、の3つの方法のいずれかでできます。

利用できるATMは三井住友銀行、イーネット、ローソン、セブン銀行等のATMです。ローン専用カードの方ならゆうちょATMからも返済できます。

振込みの場合はSMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座へ振り込んで返済できます。ただし、振込手数料がかかります。

口座振替では、約定日までにカードローン口座へ入金がなかった場合、カードローンの返済用預金口座から返済額が、自動引き落とされます。

返済日は5日、15日、25日、月末の中から給料日などに合わせて、都合がいい日を選ぶことができるので、スムーズに返済できます。

三井住友銀行カードローンをおすすめできる3つの理由

ローン契約機で契約できる

三井住友銀行のカードローンを申し込む時には全国に設置されているローン契約機を利用することができます。

すぐにカードを受け取りたい、自宅へのローンカードの郵送は不都合という方にピッタリです。

ローン契約機は三井住友銀行の店舗内かSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の店舗に設置されています。

申し込みをする時には、本人確認書類と、借り入れが50万円を超える場合は収入証明書も持参してください。

申し込みの手順は、タッチパネルで自分に関する情報を入力してからスキャナーで本人確認書類を読み込ませ、申し込み書に必要事項を記入します。

その後、オペレーターから契約についての案内があり、審査が始まり、本審査の結果が通知されます。

契約手続きをするとその場でカードが発行されて、すぐにATMで借り入れができます。

web完結で簡単に申し込める

いろいろな申し込みをwebで行うのに慣れている方には、web完結の申し込み方法がおススメです。Web完結なら本人確認書類の提出が不要で、来店する手間も省けるので、忙しい方にとっては嬉しいサービスです。

web完結は、三井住友銀行に普通預金口座がある方が利用できます。SMBCダイレクト(インターネットバンキング)から申し込めますが、インターネットバンキングを利用していない方でもパソコンやスマホから申し込みができます。

契約手続きをすると、カードローン機能が手持ちのキャッシュカードに加えられて、キャッシュカードでお金を借りれるようになります。

コンビニATMで借入返済ができる

ATMで借入や返済をしたいという方なら、利用できるATMがたくさんあった方が便利ですね。

三井住友銀行のカードローンなら、お近くのコンビニのATMも利用できるので、借り入れも返済も楽にできます。

ATMの利用手数料は無料で、時間外手数料もかかりません。

利用できるのはイーネット、ローソン、セブン銀行等のATMです。

三井住友銀行カードローンの審査内容と流れ

三井住友銀行カードローンの審査内容

三井住友銀行のカードローンに申し込む際に、申し込みフォームに入力する内容が審査の対象になります。

勤務先の業種、社員数、勤務形態、仕事内容、入社年月日、年収などを申告します。勤務形態は、公務員、正社員、派遣社員、契約社員、個人事業主、アルバイト、パートなどの中から当てはまるものを選びます。

公務員や正社員が審査には最も有利ですが、勤続年数が長ければ、その他の勤務形態でも評価は良くなります。

他社の借入状況、住居、家族構成、保険証の種類なども申告します。また、三井住友銀行とすでに取引があるかどうかも記入します。給与振込口座があるとか、クレジットカードを作っている、住宅ローンを利用しているなど取引があり、利用状況も良好なら審査には有利になりますね。

審査の流れ

カードローンの申し込みをネットでする場合は、申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。その後、審査結果は電話かメールで連絡があります。

電話は自分が連絡先として指定した番号にかかってきますが、この時は申し込み内容などについて確認されます。その後在籍確認等行われます。

審査に通ったら、三井住友銀行に口座がない方は、カードを郵送で受け取るかローン契約機で受け取るかどちらかを選択します。

ローン契約機でカードを受け取る場合は、本人確認書類を持参して手続きをしてください。その場でカードを受け取り、すぐにATMでお金を借りることができます。

郵送の場合は、契約書類とローン専用カードが届くので、契約書類に必要事項を記入し、本人確認書類と共に返送してください。

審査に通るためには

三井住友銀行のカードローン審査に通るためには個人信用情報に事故情報がないことが最低条件です。延滞や債務整理の記録が残っているなら審査には通りません。

また、クレジットカードなどの支払いの遅延が1ヶ月程度でも、複数回あると審査に通るのは難しいです。

また、携帯電話を割賦払いで購入している場合も携帯電話の料金を遅延しているとやはり審査には不利になります。

三井住友銀行のカードローンで借りようと思っているなら、クレジットカードの支払や他社カードローンの返済に遅延がないようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの金利は?

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%です。

金利は限度額によって異なります。限度額が100万円以下なら金利は12.0%~14.5%、100万円超200万円は年10.0%~12.0%、200万円超300万円以下は年8.0%~10.0%のように限度額が高くなると金利が低くなっていきます。

限度額が700万円超800万円以下なら金利は年4.0%~4.5%です。

属性がいいと評価された人は限度額も高くなりそれに伴い金利が低くなり利息負担が減ります。

利息の計算方法は、毎日の最初の残高×年利率÷365日×利用日数です。

たとえば、同じ100万円を1ヶ月借りた場合、限度額が700万円超800万円以下(金利年4.0%の場合)は利息が3,287円、200万円超300万円以下(年10.0%の場合)は8,219円、100万円以下(金利年14.5%の場合)は11,917円です。同じ額を同じ期間借りても、限度額によって利息負担がかなり違ってきます。

低い金利で借りる方法

三井住友銀行カードローンを低い金利で借りるには、限度額が高くなればいいのですが、これは審査の結果決まるので、こちらが希望した額になるわけではありません。

ただ、最初は限度額が低くても、増額申請をすることで金利を低くすることができます。

増額申請は電話かローン契約機で行えます。審査に通れば最高800万円まで増額できます。

ただし、少なくとも半年ほど利用して実績を残すことが必要です。また、その間に返済の延滞が1回でもあれば審査には通りません。

また、申請をする前に他社から新たに借り入れをしていても審査に通るのは難しくなります。増額申請をして減額されたり、利用停止になることもあるので、申請は慎重にしましょう。

利用状況が良好であれば、銀行の方から増額の案内が届くこともあります。その時に申請すれば確実に増額できるでしょう。

また、三井住友銀行の住宅ローンを利用している方が、カードローンに申し込むと金利を下げてもらえる場合があります。この場合も、住宅ローンの返済を毎月の約定日にきちんと行っている必要があります。

三井住友銀行カードローンの在籍確認について

三井住友銀行カードローンは在籍確認があるか

三井住友銀行のカードローンでお金を借りたいけれど在籍確認が不安という方もいるかもしれません。

公式サイトの説明には「お勤め先等へお電話にてお申込のご確認をさせていただく場合があります。」となっています。

ですから、必ずしも、在籍確認があるとは限らないようですが、在籍確認が無いのは、すでに同行の住宅ローンを利用しているとかクレジットカードを利用しているなど、なんらかの取引があるか、属性がかなり良いと認められた場合だけでしょう。

ですから、在籍確認は必ずあるものと思っていた方がいいです。

カードローンの申し込みをすると仮審査に通った場合には、電話連絡があります。

落ちた時にはメールでの連絡になるようです。電話は本人確認のためなので自分が連絡先として指定した電話番号にかかってきます。

この時、申し込み内容の確認があります。また、在籍確認の方法についても説明があります。在籍確認に関して不安なことがある場合には、この時に聞いておきましょう。

銀行名ではなく個人名でかけてほしい場合もこの電話の際に伝えておきましょう。

在籍確認の方法

在籍確認を銀行名でしてほしいと頼んだ場合には「三井住友銀行ですが、○○様はいらっしゃいますか?」のような電話があります。

自分が不在でも、電話に出た人が「今日は休みです」「今、席をはずしています」などのように答えてくれれば、在籍確認が取れたことになります。

休みの場合は、休職中でないことを確認するために「明日は、出社されますか?」のように質問されます。自分が電話に出た場合でも、本人であることが確認できれば、すぐに電話を切ります。

在籍確認の電話で、いろいろ聞かれることはありませんが、申し込み後に自分が連絡先として指定した電話番号に電話があった時には、申し込み内容や申し込みの理由などについて確認されます。

この時に正直に答えないと審査に落ちてしまうので注意してくださいね。

三井住友銀行カードローンで即日融資する方法

口座がなくても即日融資を受けられるか

多くの銀行では、その銀行に口座がないとカードローンを申し込めないので、最初に口座開設の手続きをする必要があります。

そうなると時間がかかり、即日融資は受けられません。三井住友銀行カードローンの場合は、同行に口座がなくても申し込みができるので、口座がない方でも即日融資を受けられる可能性があります。

即日で借りたい時には、ネットや電話で申し込み、ローン契約機でカードを受け取ります。直接窓口へ行って申し込んだり、ローン契約機で申し込むのもいいのですが、混んでいて順番待ちになると申し込み時間が遅くなって即日借りれないことがあります。

状況を見て判断してくださいね。ローン契約機で契約手続きが完了すると、カードが発行されてATMで借り入れができます。

口座があれば即日融資に有利

三井住友銀行に口座があれば、ネットからの申し込みが便利です。

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用していれば、そこから申し込むこともできます。審査に通って契約手続きをすると、キャッシュカードにカードローン機能が付くので、キャッシュカードで借り入れができます。

もちろん、専用カードローンをローン契約機で発行してもらうこともできます。

即日融資を受けるときの注意点

カードローンの申し込みをすると、三井住友銀行の担当者から電話がかかってきます。

そこで多少のやり取りがあって、そこから在籍確認や信用情報機関への照会などの審査が始まります。この審査は最短なら30分ですが、場合によってはそれ以上かかることもあります。

ですから、午後に申し込むと審査に時間がかかった場合に即日融資を受けられないので、午前中に申し込むのがベストです。

また、契約の際の提出書類に不備があると再提出になり、審査に時間がかかって即日で借りれなくなることがあります。

有効な書類を提出するようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。