審査前必見!3分で分かるSMBCモビットの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気消費者金融のSMBCモビット!

テレビや雑誌、該当広告などかなり力を入れているので既に知っている方が多いかもしれません。

しかし、消費者金融でお金を借りることが初めての方は不安ですよね。

SMBCモビットの全てが3分で分かる記事を紹介させていただきます。

SMBCモビットとはどんなローン?

SMBCモビットの基本情報

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。

年齢満20歳~69歳で安定した収入がある方ならだれでも申し込みができます。アルバイト、パート、派遣社員、自営業の方もOKです。

貸付利率は実質年率3.0%~18.0%、融資額は最大800万円までです。キャッシングの申込みは24時間いつでもネットでできて10秒で仮審査の結果がわかります。

提携ATMは全国にある13万台あるので、借り入れも返済も大変便利です。入会金も年会費も無料で、担保・保証人も不要です。

Myモビとは

SMBCモビットに入会するとMyモビというセルフマネジメントシステムで、各種のサービスを便利に利用できます。

たとえば、Myモビから振込みキャッシングの申し込みをすると、最短3分で指定の口座にお金が振り込まれます。

急ぎの時には助かりますね。

また、返済シミュレーション機能もあり、繰り上げ返済、追加借り入れ、一括返済した場合の返済の状況をシミュレーションできます。

返済スケジュールを組むのに参考にしてください。領収書や利用明細書もダウンロードできるので郵送してもらう必要がありません。

その他にも利用状況照会や借り入れや返済に関する相談、取引履歴や提携ATMの照会、登録内容の変更手続きができます。

web完結申し込み

消費者金融に申し込むと、必ずローンカードが発行されますが、SMBCモビットの「web完結申し込み」を利用すると、ローンカードが発行されません。

自宅にカードが送られてくると困る方や、お財布に入れるカードを増やしたくないという方にはぴったりです。

また、電話がかかってくることもないので、誰にも知られずに借り入れができます。

急ぎの借入にも対応

すぐにカードを受け取りたい場合は、SMBCモビットのローン申し込み機を利用すればカードがその場で発行されてすぐにATMでお金を借りれます。

また、ネットで申し込んでからフリーダイヤルに電話すれば、即日振込みによる融資も可能です。

SMBCモビットをおすすめできる3つの理由

SMBCモビットは審査が早い

SMBCモビットの申し込みはネットで24時間365日いつでもできます。

仮審査の結果は10秒で画面に表示されます。パソコンでの入力が苦手という方なら、必須項目だけ入力すれば後は電話で対応してもらえます。

また、月~金の19時までに申し込めば、最短30分で本審査が完了してカードを受け取ることができます。得に急いでいる方は、ネットで申し込みをしてからフリーダイヤルに電話してください。

折り返し、審査結果の連絡があり、14:50までに振込手続完了すれば、即日借り入れが可能です。

また、会員登録の際に、ローン申込機でカード受取れるように手続きすれば、近くのローン申込機に行ってカードをすぐに受け取ることができます。

SMBCモビットの借り入れが便利

SMBCモビットには多彩な借入方法があります。

パソコンやスマホ・ケータイで会員専用サービス「Myモビ」から振込み融資の申し込みができます。電話でも申し込みも可能です。あらかじめ金融機関口座の登録をして置けば、ご指定の預金口座へお金を振り込んでもらえます。

メンテナンスの毎週月曜日0:00~7:00以外の時間帯ならいつでもこのサービスを利用できます。急にお金が必要になった時でも安心です。

もう一つの借入方法は提携ATMでの借り入れです。銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、JR東日本の主要駅やPatSatステーションATMで借り入れができます。

全国どこにいても借り入れができるのでとても便利です。

SMBCモビットはカードレスで借りれる

SMBCモビットにはweb完結のサービスがあります。

申し込みの際にweb完結の契約方法を選択すると、カードが発行されません。

カードを増やしたくない方にはうれしいサービスです。ただし、このサービスを利用できるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、社会保険証あるいは組合保険証をお持ちの方に限られます。

カードが発行されないだけでなく、電話がかかってくることもないので、面倒くさくなくていいですね。

お金が振り込まれたら、お持ちの銀行のキャッシュカードで引き出せます。

SMBCモビットでキャッシングするのに向いている人

消費者金融のSMBCモビットはどんな方に向いているでしょうか?

急ぎでお金を工面したい方

すぐにお金を工面しなければいけない時に、審査に時間がかかると困ってしまいますね。

SMBCモビットは申し込みから10秒で簡易審査の結果がわかり、即日融資も可能なので、すぐに融資を受けたいという人に向いています。

急ぎの場合はネットで申し込んだ後にすぐにフリーダイヤルに電話をすれば、優先的に審査をしてもらえます。

14:50までに振込手続が完了すれば即日、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。カード発行も即日対応可能です。

電話や郵便物は困るという方

勤務先や自宅に電話がかかってくるのは困るという方も少なくないと思います。

SMBCモビットにはweb完結の申し込み方法があり、これなら郵便物が自宅に送られてくることがありませんし、職場や自宅に電話がかかってくることもありません。

また、カードレスで借り入れができるので、カードはこれ以上増やしたくないという方にも向いています。

ただし、web完結での契約の場合は、社会保険証か組合保険証が必要で、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている必要もあります。

該当する保険証を持っていてもまだ、いずれかの銀行に口座がない方は、まず開設してからweb完結で申し込んでくださいね。

借り入れも返済もATMでしたいという方

インターネットバンキングがあればネット上で返済や借入の手続きができますが、ネットではなくATMで借入や返済がしたいという方もいると思います。

ATMの台数が少ないと不便ですが、SMBCモビットなら全国に13万台の提携ATMがあるので、便利に借入、返済ができます。

金融機関やコンビニ、駅のATMも利用できるので、会社帰りや買い物のついでにも簡単に利用できます。ただし、提携ATMを利用する場合は手数料がかかります。

三井住友銀行のATMは手数料がかからないので、同行のATMを利用されるのがいいと思います。

SMBCモビットのメリットとデメリット

利用者の多いSMBCモビットですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。

両方をよく比較して、申し込むかどうか判断してくださいね。

SMBCモビットのメリット

消費者金融を初めて利用する場合は、不安もあると思いますが、SMBCモビットのメリットは、三井住友銀行グループの消費者金融なので、安心して借り入れができるという点です。

また、web完結の契約なら、電話や郵便物が無いので、家族にも内緒で借りれるという利点もあります。ローンカードは発行されず、すでに持っている銀行のキャッシュカードで借り入れができるのも便利です。

また、提携ATMの数が非常に多いので、ATMでの借り入れも楽にできます。

会員が利用できるMyモビは、振込み融資の申し込みや、返済シミュレーション、領収書や利用明細書のダウンロードなどができて大変便利です。

SMBCモビットのデメリット

他の消費者金融と比べた場合のデメリットというのはあまりありませんが、銀行カードローンと比べると、金利が高いというデメリットがあります。

三井住友銀行のカードローンの金利は実質年率4.0%~14.5%なので、サービスよりも金利優先という方ならこちらのカードローンがいいかもしれません。

また、ローン申し込み機で、申し込み・契約が可能なのですが、設置台数は全国で400台程度と、他の大手消費者金融と比べると、多い方ではありません。

設置場所は大都市に集中しているので、地方に住んでいる方には、ローン申し込み機での申し込みはあまり実際的でないかもしれません。

また、Web完結での契約ができるのは社会保険証か組合保険証を持っている方なので、アルバイトやパートの方はこの方法では契約できないというのも残念な点ですね。

有人店舗もないので、来店して相談しながら申し込みたいという方には向いていません。

ただ、フリーダイヤルに電話すれば、わからないことも丁寧に教えてもらえるので、活用してください。

SMBCモビットの在籍確認について

SMBCモビットの在籍確認

在籍確認はどの消費者金融でも行われており、SMBCモビットも例外ではありません。

在籍確認では、SMBCモビットの担当者が勤務先に電話をかけてきますが、個人名でかけてくるので、SMBCモビットからの電話だとは分かりません。

本人であることが確認できればいいので、電話はすぐに終わります。

いろいろ聞かれるのではというような心配はいりません。

もし、在籍確認の電話が来た時に自分がいなかったとしても、同僚や上司が電話に出て、席をはずしている旨伝えてくれれば、在籍確認は終了します。

電話をする時にはプライバシーに十分配慮して行うので、消費者金融に申し込んだことがバレるのではと心配する必要はありません。

また、在籍確認の前に本人確認のため、自分が連絡先として指定した電話番号に電話がかかってきますので、電話を受け取れる設定にしておいてください。

本人確認の際に聞かれるのは、フルネームと生年月日や住所などです。SMBCモビットが、申し込み内容に関して確認したいと思う場合も、この時に聞かれますので、正直に答えてくださいね。

在籍確認について不安があれば、この時に聞くこともできます。

在籍確認を回避する方法

在籍確認は必ず行われるものですが、もし、会社に電話がかかってくるのは困るとか、在籍確認が取りにくいような状況にあるなら、web完結で契約すると、電話はかかってきません。

web完結ならカードも発行されず、郵便物も送られてきません。

web完結で契約できるのは、社会保険証か組合保険証を持っていて、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある方です。

また、源泉徴収票など、収入証明書の提出が可能な方です。これらの条件に合っていない方は、在籍確認が必要になりますが、在籍確認が取りにくい状況にある職場で働いているなど特別な事情があるなら、申し込みの際にその旨説明すると、書類による在籍確認をしてくれることもあります。

必要な書類は直近の給与明細など、現在でも働いていて収入がある事を証明できるものです。

SMBCモビットの申し込み方法と審査時間

SMBCモビットの申し込み方法

SMBCモビットでキャッシングしたいと思う場合は、パソコン、ケータイ、スマートフォン、電話、ローン契約機、郵便のいずれかの方法で申し込みができます。

パソコンなどからネットで申し込む場合は、申込フォームに必要事項を入力して送信するだけです。カードは郵送してもらうかローン契約機で受け取るかのどちらかになります。

急ぎの場合はネットで申し込んだ後にすぐにフリーダイヤルに電話すると、振込み融資をしてもらえます。

申し込みフォームへの入力は正確かつ正直に

入力の際に電話番号など間違って申告してしまうと、本人確認や在籍確認ができず、審査が進まず、借り入れができません。

それで、電話番号を含め情報は正確に入力してください。web完結を利用する場合は、メールアドレスが必須なので、間違いのないように入力してくださいね。

また、申し込みの際には他社借り入れ件数や年収なども入力しますが、これも正直に申告してください。審査の際に信用情報機関に申し込み者の信用情報を開示してもらい、詳細を確認するので、他社借り入れ件数を偽って書くとすぐにばれてしまい審査に通りません。

年収に関しては、調査はしませんが、今までの申し込み者の膨大な情報がストックされているので、申し込みフォームに入力された勤務先や勤務形態等の情報から大体の年収を推察できます。

ですから、審査に有利なようにと極端に多い年収を書くと、やはりウソだと分かってしまい、審査に通りません。入力は正確かつ正直に行いましょう。

ローン契約機での申し込み

SMBCモビットには店舗窓口がないので、その場ですぐにカードを受け取りたい方は、ローン契約機で申し込む方法になります。

ローン契約機は個室になっているので、プライバシーが守られ、安心して申し込みができます。申し込みの際には、免許証あるいは各種保険証などの本人確認書類が必要です。

申し込み画面に表示される項目に、入力していき申し込みを完了すると、簡易審査の結果が表示されます。融資可能ならカードが発行されます。

その後、担当者から本人確認の電話があります。それから現在の収入を証明できる書類を提出すると本審査が始まり、結果連絡があり、会員登録をするとカードを利用できるようになります。

その後、「MCセンター」の名前で入会申込書、契約内容確認書などの書類が郵送されてきます。入会申込書などに必要事項を記入して返送してください。

SMBCモビットの審査時間

SMBCモビットで申し込みをすると簡易審査の結果は10秒ほどでわかります。

月曜日から金曜日の19時までに申し込みをすれば、最短で30分で本審査の結果がわかります。急いでいる場合は、フリーコールに電話をするのがおススメです。

優先的に審査をしてもらえ、審査が終わり、14:50までに振込手続完了すれば、スタッフが指定の口座にすぐにお金を振り込んでくれます。

SMBCモビットの返済方法と返済方式

SMBCモビットの返済方法は全国にある提携ATMか口座振替、指定の口座への振込みのいずれかです。

提携ATMでの返済

SMBCモビットの提携金融機関や提携コンビニのATMは全国に13万台あります。主要駅にも設置されているので、仕事帰りなどでも便利に返済ができます。

提携ATMでの返済には手数料がかかりますが、三井住友銀行のATMなら手数料無料です。営業時間は、それぞれ異なりますのでSMBCモビット公式サイトの「提携ATM一覧」で確認してください。

口座振替での返済

毎月、ATMで返済するのは面倒という方もいると思います。

そのような場合は、口座振替が便利です。三菱東京UFJ銀行あるいは三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があれば、自動引き落としができるので、返済の手間が省けます。

ただ、預金残高に不足がないように確認してくださいね。

引き落としがされないと遅延になってしまい、遅延損害金が発生して余分の費用を払うことになります。

信用情報機関にも遅延の情報が登録されます。

口座振り込みでの返済

SMBCモビットが指定する口座に振り込みをするという形で返済することもできます。

インターネットバンキングで支払いたいという方ならこの方法が便利です。

振込みで返済したい場合は会員ページにログインして、振込みで返済する手続きをします。そうすると振込口座が表示されるので、その口座に振り込みます。

ただし、振込み手数料がかかりますし、約定日に返済しても、金融機関の指定の時間が過ぎていると翌営業日の支払になり、遅延扱いになります。

遅延損害金が発生し、自分の信用情報にも不利な記録が残るので確実に、約定日までに返済できるようにしてくださいね。

SMBCモビットの返済方式

SMBCモビットの返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式です。

これはその時の借入残高に応じて、最低の返済額が決まるというものです。

追加で借りると最低返済額が変わってきます。

たとえば、SMBCモビットでは実質年率18.00%の場合。

借り入れ後の残高が10万円以下なら最低返済額は4,000円、10万円超え20万円以下なら8,000円、20万円超え30万円以下なら11,000円のようになっています。

これは最低返済額なので多めに返済することもできます。

余裕があるときには多めに返済すれば、それだけ利息負担を減らすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。