審査前必見!3分で分かるアコムの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気消費者金融のアコム!

テレビや雑誌、該当広告などかなり力を入れているので既に知っている方が多いかもしれません。

しかし、消費者金融でお金を借りることが初めての方は不安ですよね。

アコムの全てが3分で分かる記事を紹介させていただきます。

アコムとはどんなローン?

アコムは三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融です。

初めての方や女性でもでも気軽に利用できるカードローンです。

アコムではカードローン以外にもクレジットカード、ビジネスサポートカードローン、貸金業法に基づく借り換え専用ローンも扱っています。

アコムのカードローン

カードローンでは利用限度額の範囲何で何度でも借り入れができます。

実質年率は3.0%~18.0%利用可能金額は1万円~800万円です。20歳~69歳で安定した収入があり、返済能力のある方ならだれでも申し込むことができます。

初めてアコムに申し込む方なら金利が最大30日間0円というサービスを利用してお得に借りることもできます。

申し込みはネットで24時間、365日いつでもできますし、夜遅くまで利用可能な自動契約機のむじんくんでも申し込みができるので、会社の帰りでも気軽に手続きができます。

急ぎの方なら即日融資も可能です。また、クレジット機能付きのローンカードも発行しています。返済はインターネットや提携ATMなど都合の良い方法を自分で選ぶことができます。

アコムのクレジットカード

アコムではクレジット機能付きのコンビニやネットショッピング、スマホ代、タクシー代などの支払時に利用できます。

クレジットカードのリボ払いでショッピングした時でも、自分の都合によって毎月の金額より多く支払うこともできるので、手数料の節約になります。

銀行や信販会社の審査に自信がないという方にはおススメです。手数料率は実質年率10.0%~14.6%です。

ビジネスサポートカードローン

業歴1年以上の個人事業主の方が申し込めるカードローンです。

法人の代表の方は申し込めません。

年収の3分の1を超える額でも融資してもらうことができ、即日借り入れも可能です。実質年率は12.0%~18.0%です。

貸金業法に基づく借り換え専用ローン

20歳以上で安定した収入があり、返済能力がある方が申し込めます。

複数の借入を一本化して利息負担を軽減したい場合に利用できるローンです。実質年率は7.7%~18.0%です。

アコムをおすすめできる3つの理由

アコムのカードローンをおすすめできる3つのポイントは30日間金利が0円、借入方法が豊富、カードローン付きのクレジットカードの発行が可能という点です。

30日間金利が0円

カードローンの貸付利率は実質年率は3.0%~18.0%ですが、アコムを初めて利用する方に限り最大30日間、金利が0円になります。

ただ、申し込みの時に返済期日を「35日ごと」で契約する必要があります。金利0円の期間は契約日の翌日から30日間です。

ですから、借り入れが2~3日遅くなるとそれだけ適用期間も少なくなってしまうので気を付けてくださいね。

適用期間中に返済日が来た場合も返済が必要で、返済したお金は全額元金に充当されます。10万円を金利18.0%で30日間借りた時の利息は1,479円になるので、30日間金利0円のサービスを利用して期間内に完済すれば、1,479円を節約できます。

期間内に全額完済できなくても、返済した分には利息がかからないので、短期で返済できる方にはお得なサービスです。

借入・返済方法が豊富

借りるにしても返すにしても手続きが面倒だと時間が取られて大変ですね。

アコムでは豊富な借入・返済方法があるので、ストレスなく取引ができます。借入方法はインターネット、電話で24時間いつでも借りれができます。

手数料は無料です。インターネットの場合、楽天銀行に口座を持っていれば24時間いつでも借り入れができて、最短1分でお金が口座に振り込まれます。

音声自動応答のアコムプッシュホンサービスでも平日の0:10~9:00の申し込めば当日の9:30頃に、9:00~14:00までに申し込めば当日の15:00までに指定の口座にお金が振り込まれます。

また、店舗窓口やアコムATM、提携金融機関ATM、提携コンビニATM、ショッピングセンターのATMでも借り入れができます。

アコムのATMは原則として24時間営業していて年中無休なのでとても便利です。

カードローン付きのクレジットカードの発行が可能

アコムではクレジットカードも扱っていますが、クレジットカードにカードローンの機能を付けることができます。

年会費が無料のmasterカードです。普通、クレジットカードは受け取りまでに時間がかかりますが、アコムの一部の自動契約機コーナーでは、その場でカードが発行されます。

利用限度額は最高300万円までで、手数料率は実質年率10.0%~14.6%です。

アコムでキャッシングするのに向いている人

アコムは融資のスピードの速さで定評があります。

ですから、急ぎの方には向いています。

また、自宅にローンカードが郵送されると困る人、無利息サービスを受けたい人にもおススメです。

融資が早い

一両日中にお金を工面しなければならなくなった時には、かなり焦りますね。

消費者金融を利用したことの無い方なら、すぐに借りれるだろうかと不安になると思います。そのような方にはアコムがおススメです。

アコムでは24時間いつでもネットか電話で申し込みができます。ネットで申し込みをして仮審査に通ったら、店頭窓口か自動契約機で契約手続きをすれば、その場でカードが発行されて、すぐにATMで借入ができます。

パソコンだけでなく、スマホやケータイからも申し込めます。専用アプリを使えば、必要書類の提出も手間がかかりません。

無人契約機で契約できる

カードが自宅に郵送されてくるのは都合が悪いという方もいるかもしれません。

アコムなら無人契約機みじんくんで契約手続きができ、手続きが完了するとその場でカードが発行されます。

ですから、自宅にカードが郵送されてくる心配がありません。

無人契約機での契約の際、わからないことがあれば専用電話でオペレーターに尋ねることができます。

個室ですから人の目を気にすることなく安心して契約ができます。

自動契約機の営業時間は8:00~22:00で年末年始を除き、年中無休です。時間を節約するためには申し込みはネットで行って、仮審査に通ったら、本人確認書類等必要書類を持って自動契約機で契約するのがベストです。

無利息期間を利用する

短期返済が可能な方もアコムでの借り入れが向いています。

アコムには30日間無利息期間のサービスがあるからです。

アコムで契約する際、必要な手続きをすると契約日の翌日から30日間金利0円でお金を借りることができます。

給料日前にお金が足りなくなって、5万円借りたとしても、30日以内に全額返済すれば利息はかかりません。

また、10万円を借りて無利息期間以内に全額返済できなかったとしても、返済した分の利息はかからないので、やはりお得に借り入れができます。

短期返済可能な方で、はじめてアコムを利用する方にはおススメです。

アコムのメリットとデメリット

アコムでの借り入れにはメリットもありますが、デメリットもあります。両方を比較考量したうえで申し込みをしてくださいね。

アコムのメリット

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融なので、信頼でき安心して借り入れができるというメリットがあります。

また、金利は実質年率3.0%~18.0%で最低金利が低めなので、限度額が高く設定された場合にはメリットが大きくなります。

限度額が最高500万円という消費者金融が多い中で、アコムの限度額は最高800万円というのも魅力ですよね。

また、アコムは大手消費者金融の中で唯一クレジットカードも発行している業者です。

クレジットカードにはローン機能も付けられるので、1回の申し込みでクレジットカードとカードローンを両方利用できるというメリットがあります。

その他、申し込みから最短30分で本審査の結果がわかり、即日借り入れも可能という便利さもあります。

借入や返済もインターネットバンキングや全国各所にあるアコムATMや提携ATMで便利にできます。

アコムのデメリット

アコムのデメリットは、銀行カードローンに比べると金利が高いという点です。

アコムの金利は実質年率3.0%~18.0%ですが、三菱東京UFJ 銀行のカードローンバンクイックなら実質年率1.8% ~14.6%なので、それに比べるとかなり高いです。

また、アコムは総量規制の対象なので年収の3分の1までしか借り入れができませんし、専業主婦の方には貸し付けをしていません。

また、中小規模の消費者金融と比べると、審査は厳しめです。

他社借入残高が年収の3分の1を超えていなくても、借り入れ件数が多いと審査には不利になります。

また、借入や返済の際は、アコムの提携金融機関や提携コンビニのATMでもできるので便利なのですが、利用の際に手数料がかかるというデメリットもあります。

それから、カードローン付きのクレジットカード、アコムマスターカードの発行も可能ですが、クレジットカードには付帯保険やポイント機能、ETCカードなどの機能はついていません。

アコムの在籍確認について

消費者金融や金融機関でお金を借りる場合は必ず在籍確認があります。

在籍確認は申し込み書に記載されている勤務先に電話をかけて、実際に勤務しているかどうかの確認を取ることです。

アコムでの在籍確認はどのように行われるのでしょうか。

アコムの在籍確認

在籍確認についてのアコムの公式サイトの説明を見ると、確認のため「自宅および勤務先に電話をする場合がある」と説明されています。

ただ、社名は出さずに個人名で連絡があります。

在籍確認の電話があると困るという場合は、電話や店舗窓口で申し込む時に事情を説明して、それ相応の理由があれば、電話ではなく書類による在籍確認も可能です。

ネットで申し込む場合は、申し込みが完了したらすぐに電話をして在籍確認について相談してください。

また、在籍確認の電話をしてもらう時間帯についての相談もできます。

在籍確認で聞かれること

在籍確認の電話では何が聞かれるのだろうかと不安になりますね。

でも、在籍確認の電話の目的は、申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確認するだけなので、本人が電話に出たとしても、長々と質問されることはありません。

本人であることがわかればそれで、在籍確認が取れたことになり電話を切りますので1分程度で終わります。

また、本人が不在で電話に出られない時でも、同僚などが電話に出て、席をはずしている旨伝えてくれれば、それで在籍確認が取れたことになります。

在籍確認が取れなかった場合

電話であれ書類提出であれ、在籍確認が取れないと、審査が終わらないのでお金を借りることができません。

ただ、場合によってはカードだけ先に発行されて、在籍確認が取れた時点で、利用できるようになるということもあります。

あるいは、在籍確認が取れていなくても10万円以下のように限度額が低く設定されて、在籍確認が取れた時点で、限度額が引き上げられるということもあるようです。

アコムの申し込み方法と審査時間

アコムでお金を借りたい時はスマホ・ケータイ、パソコン、店頭窓口・むじんくん、電話、郵送のいずれかで申し込めます。

スマホ・ケータイ、パソコンで申し込む

申込フォームに必要事項を入力して送信し、仮審査に通るとメールが届くので、そこに記されているURLからログインして書類の提出方法を選択します。

提出方法はアプリ・アップロード、店頭窓口・むじんくん、FAX、郵送の中から選びます。

書類を提出した後、審査が完了すると、「契約手続きのお願い」のメールが届くので指示に従って手続きをします。

カードは店頭窓口あるいはむじんくんで受け取るか、自宅への郵送になります。

店頭窓口・むじんくんで申し込む

申し込みをするとその場で審査結果を知ることができます。

前もって、確認書類、また必要に応じて収入証明書を持参してください。

借入金額が50万円を超える場合、または他の貸金業者からの借り入れ額とアコムでの借入額の合計が100万円を超える場合に収入証明書が必要になります。契約手続きが完了するとその場でカードが発行されすぐに借入ができます。

来店での申し込みのメリットは、担当者と相談しながら申し込みができるという点です。

ただ、前もってネットで申し込みをして仮審査に通ってから契約手続きだけ来店でした方が、時間の節約になります。

電話で申し込む

フリーコールに電話して申し込んだ場合、その日のうちに回答がありますが、18時以降の場合は、回答は翌日になります。

契約手続きは来店、郵送、FAX送信のいずれかで行います。来店やむじんくんでてつづきをすれば、その場でカードを受け取れます。

FAXの場合は、平日14時までに必要書類を提出すれば、即日融資を受けることもできます。

審査時間

ネットあるいは電話からの申し込みは365日、24時間いつでもできます。

申し込みをしてから、本人確認書類を提出し、本審査の結果がわかるまでは、最短30分です。

ただ、申し込みフォームへの入力にミスがあったり、提出書類に不備があると審査に時間がかかってしまいます。即日融資を受けたい方なら、ミスのないように手続きをしてくださいね。

アコムの返済方法と返済方式

アコムで借りたお金を返す方法は店頭窓口・アコムATM、提携ATMの他にインターネット返済と振込み、口座振替があります。

店頭窓口・アコムATM、提携ATMでの返済

店頭窓口の営業時間は平日9:30~18:00です。アコムATMの営業時間は24時間で年中無休です。

また、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行、イオン銀行の他に、北陸銀行や広島銀行など全国のいくつかの地銀のATMでも返済ができます。

24時間利用可能なコンビニやショッピングセンターのATMでも返済可能です。

インターネット返済のメリット

インターネットでアコムではPay-easy(ペイジー)というネットワークを利用しているので、パソコンやケータイなどでいつでも返済ができます。

銀行でインターネットバンキングの手続きをしていれば簡単に利用できます。

インターネット返済なら手数料が無料ですし、24時間いつでも、また土日祝日にも返済できるというメリットがあります。

振込み、口座振替による返済

振込みによる返済の場合は、返済額をアコムの指定銀行口座へ振込みます。

みの場合は、振込手数料がかかります。

また、利用明細書等の郵送を希望しない場合は、利用明細の受け取りに関して「アコムホームページで確認する」を選択すれば、自宅に明細書は送られてきません。

口座振替で返済する場合は、あらかじめ登録した金融機関から毎月6日に自動引き落としになります。

自動引き落としなら、口座の残高さえ確認しておけば、返済の手間が省けるので忙しい方にはぴったりです。

アコムの返済方式

アコムの返済方式は元利定率リボルビング方式です。

借入金額に一定の割合をかけた金額を支払っていきます。

一定の割合は契約内容によって決まり、1,000円未満がある場合は切り上げて1,000円単位になります。

たとえば、10万円を実質年率18.0%で借りて、一定の割合が4.2%とされた場合、10万円×4.2%で4,200円ですが、1,000円未満は切り上げられるので毎月の最低返済額は5,000円になります。

一定の割合が3.0%なら最低返済額は3,000円です。

この方式では、借入残高の減少と共に、返済する元金も増えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。